レイアウトを決めよう

イメージを伝えよう

接続機器をどこに設置するのか決めてください。
この時は、事前にレイアウトのイメージを決めることが重要です。
適当に接続機器を並べると、配線が滅茶苦茶になって作業効率の悪いオフィスになってしまいます。
業者に相談しながら考えても良いですが、それぞれに理想のレイアウトがあるでしょう。
ですから業者にレイアウトを丸投げするのではなく、こちらの意見を伝えてください。

パソコンや複合機など、接続機器をどこに置きたいのか、アバウトな説明でも良いので決めましょう。
それを伝えると、業者はこちらの希望を理解した上で、作業効率が向上するレイアウトを作ってくれます。
そのため、こちらの理想をわかってくれる業者に任せるというのも大事です。

工事後にトラブルが起こる

業者を選択する上で見逃せない部分は、アフターサービスが充実しているかという部分です。
ほんの少し接続や設定を間違えただけでも不具合を起こし、うまく機能しなくなるかもしれません。
そのままでは仕事ができないので、連絡するとすぐ来てくれる、無料で対処してくれる業者がおすすめです。

アフターサービスがない業者だと業者側のミスなのに、設定し直す際に追加料金を請求されてしまいます。
余計な出費が発生するので、アフターサービスがない業者は信頼できません。
工事後に何が起こるかわからないので、アフターサービスの有無や内容について詳しく調べることをおすすめします。
様々なトラブルに対応してくれる業者だと、何が起きても安心できますね。